読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生存確認

今日は楽しいひな祭り。

テレビに刺激されて、10年以上ぶりにお雛様を押し入れより出した。

ガラスのケースに入った、お内裏様とお雛様。

そしてこれは、娘のもの。

ガラスの内外にカビや汚れがあったけど、お人形は無事で綺麗。

今ではキラキラの大きな目があったりするが、これは切れ長の端正なお顔。

でも、よく見るとお内裏様の白の袴(?)に少し黄ばみがあった。

仕方ないかな。30年以上前のものなのでね。

女が幼少のころ、近所の友達の七段飾りがとても羨ましかった。

女の家は貧しかったので雛人形を買ってもらうことはなかった。

それだけではないが、いろんな物が無くいつも誰かを羨ましいと思っていた。

サンタさんに今年こそはプレゼントをと願っていこともあったね。

遠い過去を思いながら、今は平穏な時を過ごしていると思う。

それでは、お姫様猫のお祝いでもやろう。