感想は不愛想

春ごろに調理鍋を買うか旅へ出かけるかと悩んでいたが、

Sランクの宿に(ランクは旅行会社が決めたものでSランクは最上級)、

2連泊する旅が勝ってしまった。

山奥にあるその宿は、部屋がとても綺麗で広くゆったり過ごすことができた。

私が今までに宿泊した中では一番に広いかな。でも、

部屋へ入ってすぐにトイレへ行こうとしたら、引き戸の扉が開かず、

一階へ降りてそちらのトイレを使用する。

また、二日目に帰ると入り口の扉が開かず、ドアノブをガチャガチャと上下させ

強引に押すと開けることができた。

冷蔵庫の前のフローリングは、四半世紀前に建てた我が家でさえも出さない

大きなギシギシと言う軋み音を立てた。

そこは洗面所への通過地点であり、さらにその奥にトイレがあり、

滞在中何度も騒がしくしてくれた。

どうして修理しないのだろう。Sランクだよねえ。

食事は品数があったが味は普通かな(私の舌の衰えのせいかもしれないが)。

地元のブランド牛が一日目はしゃぶしゃぶ、二日目はすき焼きとして出てきて

その牛肉はとても美味しかった。私は肉が大好きなのよね。

その食事時に、従業員の方が食べ終えたお皿を片付けようとして、

夫のすき焼き用の生卵の入った皿をひっくり返してしまった。

夫の浴衣、丹前まで汚れた。「申し訳ありません」と言うが、

その向こうの小さな子連れのテーブルでも皿がひっくり返るような音がして、

「あらあら、あっちでもこっちでも」とその従業員は言った。

あっちはどうでもよいが、こっちはあなたが原因ですから。

この言い方だと夫が悪いみたい。仮に夫が悪くともその言い方はどうだろう。

そんなこんながあり、このお宿は旅行前の私の期待を見事に裏切ってしまった。

でも、クレームなんて入れてない。

本当にがっかりしたのは、従業員の不愛想だったから。

もしかして、ブラック企業で皆さんお疲れなのかもしれないし、

Sランクの宿は、笑顔を見せてはいけないのかもしれないしね。

しかし、今度は私に笑顔を頂戴ね。

 

 

 

 

 

 

 

困ったDくん

単位認定試験が終わり、ちょっと嫌な行事(わたしにとって)が終わり、

ホッとしているところだが、やらなくてはいけない事がある。

それは、これから8月前半にかけて、家全体を綺麗にすること。

断捨離をして、物を減らし、すっきりとした生活を望む私。

そして、それができない夫。いつもいつも探し物をする夫。

先日の燃せないゴミの日に、私が以前使っていた物を出したのに対して、

とても不満顔の夫。そうなると思って黙って出したのだが。

何故、使わないものについて執着を持ってしまうのか。

そしてそれが私個人のものについても。

理由があり、家のなかでの大きな移動が必要になった。

それに向けて物を減らし、掃除のしやすい家にしたい。

物を減らすことによって、探し物は減ると思うが理解できない夫。

TVで家のダイエットを放送しているが、我が家もあのようにしたいよ。

ねえ、夫さん、想像してご覧。毎日毎日探し物をしなくてよいことを。

きっと、すっきり、気持ちよくなると思うよ。

 

ところで我が家のDくん、このところ調子が悪いのよねえ。

微細な粒子を取ることが得意で、吸引力が強いのよ。

強弱の切り替えがあるが強は私の力では操作不能で、

弱で使っても、私をよく腰痛にしてくれた。だから、毎日は使えない。

でも、腰痛にならない為に、インナーマッスルを鍛えるストレッチをしているので

少しは腰痛の改善ができている。

そのDくん、電源がよく切れるようなっちゃったのよねえ。

考えられる原因に対応したけどだめだった。

腰痛を引き起こすものに修理費を出すのは絶対に嫌だと思っていたが、

先ほど確認するとまだ保証期間内みたい。

掃除に絶対必要なのにねえ。しばし、留守にするんだね。

今度は吸引力を弱と微弱にして貰いたい。

出来るかなあ?できないだろうね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

美味しかった

なぜ食べたいと思ったのか?

たぶん、テレビの旅番組で誰かがおいしそうに食べているのを見て、

「そういえば、私はまだ専門店で食べたことがない、行ってみたい」

と、なったのだろう。

たまたま帰省中の子供も誘い、私、夫と三人で鰻屋さんや出かけた。

あらかじめネットで調べておいた一番のお店には予約客のみと表示があり、

二番のお店で食べることになった。

焼きたての鰻がこんなにやわらかいなんて初めて知った。

泥臭さもなく、甘辛のたれも丁度良くとても満足いく味だった。

子供がお勘定を済ませてくれて、満足感がさらにアップ。

鰻に対してちょっと悪いイメージを持っていたが、なくなった。

そのうちまた行こう。今度はきちんと予約して一番のお店へ。

まあ、私のそのうちは随分先のことと思うが。

消された

私のパソコンからインターネットエクスプロラーが削除されてしまった。

アプリから選択したが使えないよ。

こういうことに疎い私は混乱している。

勝手にウィンドウズ10になってしまった時もがっかりしたがまただよ。

新しいことをなかなか受け入れられない私が悪いのでしょうね。

しかし、お気に入りが消されてしまって、めちゃくちゃ怒こるのは当たり前。

書いているこれだって、IDとパスワードを入れてからだよ。

普段は必要ないのにね。

賢い頭を私に、お授け下さいませ。

間違い

「村の鎮守の神様の、今日はめでたいお祭り日

ドンドンシャララドンシャララ、ドンドンシャララドンシャララ、

朝から聞こえる笛太鼓」と昔懐かしい歌を口ずさむ私。

夫は朝から祭りへと出かけた。有名人が来るらしい。

帰りは日が暮れてからだろう(希望)。

求職中の夫(還暦は過ぎている)の長時間の留守は、私にとって楽しい時間。

もう6時間ほどのんびりしたので、勉強をしなくてはいけない。

ちょっと、脳が拒否反応を起こしているがしかたない。

 

ところで、前回「心を豊かに~」の文で訂正があります。

清貧洗うが如しは赤貧洗うが如しの間違いでした。

清貧は、富を求めず正しい行いをしていて貧しいこと、

赤貧洗うが如しは、きわめて貧しく洗い流したように何もないさま、です。

日本には古来からものにあまり執着せず簡素な生活を送るべしという

清貧の思想があったそうです。清貧の思想という本も出ています。

私は清貧という言葉に厳しくもさわやかな感じを持っていて、

脳の中ではこれだと思っていました。

赤貧洗うが如しの生活は現代社会において、無理ではないでしょうか。

洞窟に住み、狩りをして、木の実を採取などと大昔の生活を思い起こしました。

必要最低限のものを持ち、質素に暮らしたいと心で思っています。

まだまだ、実現は先のようです。

 

 

 

心を豊かにすること

炭酸泉に浸かりながら、岩盤浴をしながら、考えた。

心が豊かとは何か。う~ん、答えはまだ。

貧乏な家で、経済的にも心身的にも貧しく育ってしまった自分。

貧すれば鈍する、って本当のこと。今も心の貧しい自分がいる。

明治の文豪だったかな、自分の娘について語っていて、

『清貧洗うがごとしの家へ嫁いでも良いように育てた』と。

貧しくても大丈夫な心と体になっているということでしょうね。

私の現在は、貧しくはありません。もともと贅沢もしません。

これからの人生をどうしようと思うことがよくある。

一言で言うと「つまらない」状態が続いているよう。

ぬるま湯につかっているような感じかな。

これではいけないと思っているが、月日だけが過ぎていく。

そこで、私の目標を設定した。心豊かに生きること。

ちょっと、ロマンチィックな感じかな。

自分にも、他人にも優しい人になりたい。

とりあえず今月は、月末の通信制大学の単位認定試験に向けて勉強すること。

私は、おばちゃん大学生なのです。

覚えることがなかなかうまくいきません。

集中力がありません。でも、頑張ろう。

 

 

 

ぬか喜び

アルコール9%のストロン〇の500ml缶が121円だったら、買いますよね。

籠へ6本も入れほかのものと一緒にレジへ。

しかし、レジでは値段が違うのでその場で購入をやめた。

会計後に確認へ行くと、350mlと500mlの値札を店側が間違えていた。

私はムッとしながらも、値札をきちんと変えてあげた。

500mlが121円はないかあ。塩レモンという初ものだったのに残念。

安いと言えば、ディスカントストアのDで100g200円の緑茶を買った。

こんなに安いのでどうかなと思いながら買ってしまった。

味は、高速道のサービスエリアにある無料のお茶とほぼ同じかな。

またあったら買うかと聞かれたら、答えはいいえ。

安いとつい買いたくなる私。安物買いの銭失いには気を付けよう。

 

今日車で家に帰ってくると、向かいの家の植木にカラスが飛んできた。

植物の名はわからないが、葉がたくさん密集している常緑樹。

カラスが葉の中へ頭を突っ込むとパンのようなものを取り出して食べ始める。

食べ終わると、また葉の中へ頭を突っ込みパンのようなものを食べる。

4~5回繰り返して飛んで行った。

リスが後で食べるように食料を埋めたりすることは知っていたが、

カラスもできるなんて、偉いねと感心する。

私も少し、頑張ろう。