読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今年は満足のいく花見でした

大好きな公園ではまず池をのぞく。

たくさんのカメが甲羅干しをしている中、今日はかわいい子がいた。

だいたい甲羅の大きさは20センチ前後のものが多いのだが5センチぐらいの子が、

傾斜のある石に頑張ってしがみついている。長生きしてねと思う。

ここにある八重咲の枝垂桜は、とても綺麗なピンク色。

思わず見とれてしまう。バックの青空にますます綺麗さが増す。

移動して、数種類の桜が数十本咲くところへ。

もともとの地形を生かして、斜面や平地にうまく植えてある。

やや強い風に花びらが舞い、一瞬ボタン雪が降ってきた様。

来てよかった。

昨日は、隣の町の川沿いの桜を見た。

ここは2~3キロも続く桜並木で、遊歩道が整備されのんびりと歩ける。

桜のトンネルはウキウキした気分にしてくれ、やはり花見は良いものと実感。

上流の桜はまだ小ぶりだが、桜の数がとても多く近場ではここが一番かな。

ツバメたちも忙しそうに川面を飛び回り、春爛漫だね。

 

今日はとても天気が良く、のどかな時間がのどかに過ぎようとしていたが、

上空を戦闘機が飛ぶ。よく数えていないが10機ぐらいかな。

爆音を立て飛び去って行く。普段飛んでも2機ぐらいなのにねえ。

北さんのせいかな。関係ないかな。

いつまでも平和が続きますように。

 

 

 

なんかな~

女が気にかけているブログに書いてあったこと。

3月で終わった朝の連ドラを「死ぬほどつまらなかった」と。

それぞれ人がいろいろな感想を持つことは構わないが、

死ぬほどとはどういうことなんだろう。

女はその表現が嫌いということがあるが、簡単に使ってほしくない。

死ぬほどって、相当に大変なことだと思う。

感性の違いなのかな?

なんか急にそのブロガーさんに嫌悪感を抱いてしまった。

同年代でなんとなく気に入っていたのに、残念。

 

三つ葉

三つ葉がひと箱200円で売られていたので買った。

中身は10袋入り。以前、100円で買ったこともあり。

ここの八百屋は結構安いところで、週に1,2度行く。

三つ葉は傷みやすいので早く食べようと思っていたが少し傷ませてしまった。

今日残り6袋となり、三つ葉2袋入りの卵丼を作る。

玉ねぎにキノコも入れたが、どう見ても三つ葉の卵とじのよう。

残りもとりあえず茹でておこう。

それで三つ葉を洗っているときに思った。

三つ葉に四つ葉は無いのかしらと。

残りの4袋をよく見ながら、傷んでいることろは捨てて、

丁寧に洗っていると、やはり見つからず。

三つ葉の四つ葉があったら面白いと思ったのにね。

良かった

まず、朝風呂へと向かった。

朝9時までは500円で入れるのが好きなところ。

でも今日は、露天風呂の一つがとても汚かった。

つい先日レジオネラ菌で死者が出、また感染者も多数との報道があったばかりなのに。

残念としか言いようがない。

その後、市内にある大きな公園へと行くが春休みなので駐車場は混んでいた。

桜の開花具合と以前より気にかけていた猫を見るためにその場所へ。

ソメイヨシノはほんの少し咲いていただけ。

数本の枝垂桜はまあまあの見ごろ。

満開のころを楽しみにしよう。

それから、いつもの猫がいた場所へ行く。この公園には何匹かの猫が定住している。

その猫は太っていて、おとなしく、皆から可愛がられていた。餌ももらっていた。

うっしー(牛柄のため)と勝手に名付けていたが、ここのところ姿が見えない。

餌やりの女性に声掛けしてみると、引き取られてもういないとのこと。

良かった。もしかしたら、虹の橋を渡ってしまったかと思っていたので。

半野生状態の猫が家で飼われるのは大変かもしれないが、

高齢なので家の中でのんびり日向ぼっこをしていることでしょう。

もう触れないのは残念だけど、良い猫生を送ることを祈るのみ。

 

 

 

 

 

やむをえない事情

やむをえない事情って、何なのだろう。

やむをえない事情により放送日時を変更することがありますと書いてあった。

女は某局のテキストを買って、マインドフルネスをしようと試みた。

5分を8回に分けての放送が4回あるが、テキスト購入が遅かったので残2回。

先週の月曜のビデオ予約を忘れてしまったので、今週の再放送をと思っていた。

月曜から木曜までの4回分を2週に渡り放送する。

しかし、11時55分からの放送は無しに。どうしてと思う。

そのやむをえない事情は「高校野球中継」だった。

女はやむをえない事情を、大きな事件事故、自然災害と思っていた。

高校野球がやむをえない事情に該当するなんてあきれる女。

はっきり言うと、女は野球が嫌い。特に特別扱いされる高校野球が嫌い。

ふだんは、あまり気にしていないが、この扱いにはいらだつ。

番組表をよく見てみると、13時55分から放送になっている。

でも、水曜だけは本来の11時55分だって。

ちょっと、馬鹿にされている気分なんですけど~~。

きちんと受信料は払っていますよ。ず~~とね。

そういえば、10年ぐらい前に女満別の空港で羽田行きの飛行機を待っていた時、

衆人環視の中騒ぎながらテレビのチャンネルを替えてくれって人がいた。

すでに見ている人たちを無視して替えられたのは、野球中継だった。

イチローが出ていた。大リーグ?WBC? そんなに野球って面白いの。

 

 

 

もうすぐ産休に入りそうな方を見て

そう、テレビの中の妊婦さんを見て思い出した女。

もう30年以上前の出産当日のこと。

少し離れたところからの会話が耳に入ってきた。

「今日先生機嫌が悪いわね」 「え~~~~~え」と頭の中で大声を出す。

女にとっては人生の一大事も、医療従事者は日常茶飯事ってことか。

でも、できることならご機嫌とはいかなくとも普通でいてほしかった。

分娩台に上がりいきんでいると、大便が出てしまった。

「浣腸すませたのにね~」と言われ、とても恥ずかしかった女。

別の人に「気にしなくていいのよ」と言われたがとっても気にしていた女。

そんなところへたぶん助産師か看護師の卵と見られる女性3人登場。

「見学させてください」とそのまま居座る。

もちろん、「どうぞ」とは言ってないが、「嫌です」とも言えず、

その当時気弱な女は、ただただ恥ずかしかった。

恥ずかしさMAXで、頑張っては見たが自然分娩はできず、帝王切開となった。

手術室では、すでに使ってしまった腕の代わりに手首に点滴の針を刺され、

私の手首のせいか、はたまたその担当者のせいか、後日手首に大きな青あざが出現。

さらに、おなかの消毒液を刷毛で塗るとき液が顔まで飛んできて目に染みた。

突然の手術で予定変更などが起きて、少々いらだっていたのでしょうか。

しかし女が一番気にしてしまったことは、

準夜勤専門の方が女と同室の人に、

「わからないことがあったら電話してね」とメモを渡していたこと。

私には何もないのに、その人にだけってどういうこと。

もし、その人が気に入ってそうしたいのなら誰もいないところでやってほしかった。

女には気配りも不要と思われていたのか。雑な扱いで十分だと。

女はマタニティブルーへと突入していった。

なんてね、昔々のお話でした。

 

そんなに自信があるの?

車線変更が苦手な女。

その2~3キロ先を右折するため、片側2車線の道路の右側をキープする。

女はそれなりのスピードを保つが、後ろにピタリと付かれる。

結構気分は良くない。そう、不快。

今女が急ブレーキを踏んだら、後ろのあなた止まれますか?

たまにいるこういう輩にうんざり。

助手席の男は左車線へ行けばと言う。

まあまあの交通量の道路で簡単に左へそして右へとはいけない。

よって、右車線を走る。

若いころ運転技能は普通だと思っていた女。

しかし近頃、ちょっと下手になっているかもと思う女。

毎日、安全、安心と唱えている。

PS,最近気になることが一つ。

   高級車で見かけるのだが、昼間車幅灯がついていること。

   自動でつくようになっているのかしら。