読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ずるいという気持ち

先日、母に会うため田舎へ行ってきた。

50代の大人の対応をして、母の希望通りにしようと思っていた。

でも4時間半というとても長い時間は、苦痛でしかなく、

ちょっとしたことにイライラし、怒鳴ってしまった。

ほんと、私は母のことが大嫌いだ。

私の中にある母への感情は、「ずるい」という言葉で表される。

親子間で、「ギブ&テイク」はおかしいだろうか?

私は就職して随分とお金を送ってきた。

結婚してからは、私から誘うことはないが来るものは拒むことなく受け入れ、

山や海や半島や島や水族館や映画館などなど、いろんな所へ連れて行ったよね。

上げ膳据え膳で、きちんとご飯も出したよね。私はおふくろの味を知らないけど。

今から10年ほど前に、何もかも嫌になった。

小さい頃から嫌いだった母を、これ以上受け入れることが困難となっていった。

ごめん、私のことは死んだと思ってと言いたかったよ。言えなかったけど。

ねえ、充分親孝行したよね。

もう、私にはあげるものが無いのよ。ごめんね。

今でも覚えている36年前のこと、あなたは自分を守るために嘘をつき、

私を悪者にしたよね。近所の人に大声で怒鳴らえたよ。なんて娘だって。

そう、平気で嘘もついたよね。

だから、これ以上のあなたへの好意は無いのよ。

あなたは私にやさしくしてくれたの? 零とは言わないけどもう求めることはやめて。

だって、ずるいよね。

我が家の隣の一人暮らしの方は皆さんからやさしくされているよ。

だって、それまでの過去があったからでしょう。お隣さんは良い人だよ。

あなたは因果応報、自業自得ってこと知っている?

あなたへの「ずるい」と言う感情が私を支配している限りやさしくはできない。

いつまでこの気持ちを持ち続けるのだろう。

過去から決別したい。

アドラーさんを少し読んでみる。