読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気が滅入る

90歳を超えた私の母が私に会いたいという。

私は母のことが小さい頃から嫌いだった。

電話で会いたいと言われて、しばらく絶句した。

母は普通の母親とは違っていたと思う。

料理は下手で家事全般が苦手だったと思う。

知っているよ。う、わ、き、してたよね。

母が私に作ってくれた弁当は20回ぐらいかな。

数えられるぐらいで、遠足の梅干しのおにぎりと運動会の

稲荷と巻きずしかな。そこに他のおかずは無かった。

私は子供たちに数えきれないほどの弁当を作ってきたけどね。

小学校の低学年の時、兄の暴力に苦しんでいても、助けてくれなかったね。

初潮を迎えても何もしてくれなかったね。

母からは生理用品を一度も買ってもらえなかった。

ど田舎で生理用品を買うことがとても恥ずかしかったよ。

お金もなくて大変だった。当時母は閉経していた。

しつけも教育もなく、私は野生児となっていった。

東京に出てきて、とても苦労をしましたよ。

初任給から送金もしたよね。母の日にプレゼントも贈ったね。

結婚の時には、母からは何もなく逆にありがとうとお金をあげたよね。

もちろん、産後の世話も育児も何も頼っていないよね。

私は母には会いたくない。顔も見たくない。

母は近所の人を引き合いに出し、年に2~3回も会いに来ていると訴える。

でも、あなたは親孝行してもらえる親だったの?

私は田舎が大嫌い。嫌なことが山よどあった。お金がなくて馬鹿にされてた。

何も懐かしいものはないし、誰にも会いたくない。

気が滅入る。気が滅入るよ。

はあ~とため息をつき罪悪感を感じる。

私は悪いことをしていないと思うが、罪悪感を感じる。

ずるいよあんたは。ほんとにお前はずるいよ。

自分の罪悪感の解消に田舎へ行くことを決めた。

でも、気が滅入る。

あなたはいつもで生きるのだろう。

私は個人年金の給付が終わる75歳でいいや。